葬儀に六曜の影響

葬儀の日程に六曜の影響

葬儀の日程、六曜の影響は

冠婚葬祭には六曜を考慮して日程を組む方は多くいます。六曜とは、その日の吉凶や運勢を示すものとして信じられている考え方で、六つの要素が一日ごとに当てはめられ、それがローテーションしています。先勝、友引、先負、大安、赤口で、それぞれ意味があります。葬儀では、友引を避けていることが多いです。それは、凶事に友を引く、家族や友達など周りの人たちも一緒にあの世に連れていくという意味があるからです。その意味から、友引はお休みしている火葬場が多いので、必然的に葬儀も執り行えない状況にあるのです。その他の日は特に気にする必要もなく行うことができます。

六曜と葬儀や法事の日程との関係

六曜には先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口がありそれぞれ意味が込められています。葬儀の場合は、友引の日が避けられることが多いです。友引に休む火葬場があるため、友引の翌日は友引明けと言われていて、火葬場が混雑することもあります。仏滅の日には何事も遠慮する日、病めば長引く、仏事はよろしいという言葉があるため、葬儀や法事の日程を決める時は六曜の仏滅を選ぶ事が多いです。法事の場合も、仏滅の日に行うと良いと言われています。また、赤口の日は万事に用いない悪日、ただし法事、正午だけは良いと言われていて、法事は赤口に行うのも良いという話もあります。

↑PAGE TOP